八ヶ岳西麓 二拠点生活

海外居住中にもかかわらず、八ヶ岳西麓での二拠点居住を目指している50代夫婦の土地探し、家づくり、二拠点居住準備を中心としたブログです。将来的には移住を予定しています。

ベッドサイドテーブル

だんだん、検討するものが小さくなってきました(笑)。寝室のベッドの両脇に置くベッドサイドテーブルを探します。

ベッドサイドテーブルって、ベッドのわき役というか、家具屋さんに行っても、それだけが単独で売っているということはあまりなく、また、ベッドの横に売り物なのか売り物でないのかよくわからない形で置かれていることが多く、実は結構探すのに苦労しました。もちろん、ニトリなどではお値打ち値段で売っているのですが、低価格のものは通販のものも含めて、ほとんどが、MDFにプリント化粧板、よくて、天板と前面だけ突板といった感じで、あまり質感が高いものはありません。

一方、〇〇木工とかでは、なかなかに素敵なサイドテーブルがあるのですが、今度はお値段が10万円以上となるケースがほとんどで、2つで20万円以上もサイドテーブルに出す予算はとてもとても。。。。

探していたものは、

  • 基本的に無垢材仕様(できればオイル仕上げのもの)。オークかチェリーであればなおよし(内装や背面は杉や桐などでも可)
  • デザインはできるだけシンプルなもの
  • 高さが45~50センチ程度まで(ベッドの高さが46センチだったので)。
  • 幅は40~45センチ程度(ルンバが入るように)
  • 充電用に電源コードがついているものがあればなおよい
  • 価格的には2-3万円程度まで

いろいろと家具屋さんやネット、通販ECサイトなどを調べてみましたが、なかなかいいものがありません。ようやく見つけたのは、関家具さんのリンセというテーブル。

 

関家具 リンセ

幅は40センチで高さ43センチ。ルンバはギリギリ入るくらいかな。高さも少しだけ低いですが、おそらく問題ないはず。シンプルなデザインでコンセント付きです。材質は関家具さんに直接聞いたら、オークですよということでしたが、通販サイトには、アルダー材として売っているものがたくさんあります。ちょっとこの辺りはよくわからなですね。オークだと2万円程度、アルダーだと1.5万円程度で買えそうです。ウレタン仕上げ。通販サイトの口コミだとたまに悪い口コミもありましたが、妻が関家具のショールームで(リンセではないが類似のテーブル)確認したところ、材質感や引出しの使い心地も悪くなさそうでした。

電源延長コードの白や黒のタップが今一つ気に入らないこともあり、コンセント付きを探していたのですが、実はこんな商品も最近はあるんですね。Fargoというところの延長コードです。

 

Fargo HPより

お値段もそこそこしますが、なかなかよさそうな質感です。似たような商品は結構販売されているらしく、木製(木目調)延長コードと検索するといくつか引っかかります。もし、こういう延長コードがあるなら、必ずしもコンセント付きでなくてもいいかもということで、少し条件を緩めて探してみました。

Creemaというハンドメイドの商品を集めたECサイトで「暮らしの道具製作処 鈴木権之助商店」というところが取り扱っているこのサイドテーブル。

シンプルで無駄がありません。側面が板なのも、実は個人的にはお気に入り。値段は少しリンセよりも高く、また、サイズも小さいのですが、オーダーでサイズの変更は可能ということだったので、サイズ変更と値段を聞いてみることに。ちょっと予算オーバーになりそうですが、評判もよさそうなので、こちらを購入しようかと思っております。仕上げもオイルです。ちなみに納期は2か月以上かかるようです。家具っていうのは、時間がかかりますね。

材質も選べるようで、オークかチェリーかでまたお悩み。ベッドのフレームはチェリーっぽい色(ただし無垢材ではないので変化はあまりしない)なので、そこだけ見ればチェリーの方が合いそうですが、寝室のバンブーブラインドはアーモンドということでオークの方に近い少し明るい色です(バンブーブラインド選定の記事はこちら)。

hippo-hippo.hatenablog.com

家具の色に迷ったときは、カーテン(ブラインド/プリーツスクリーン)の色に合わせて選ぶべしという鉄則に従い、オークにしてみることにしました。経年変化で少し色が濃くなるといいですが。。。

 

ソファーの検討

だんだんと家の建築が進捗して、細かい仕様も含めて決まっていくにつれ、関心が徐々に家具や家電に移ってきました。ベッドは現在使っているものを持っていく予定で、ダイニングテーブルはすでに一枚板のものを購入してしまったので、家具で残る大物はソファーです。

hippo-hippo.hatenablog.com

ソファーを購入するにあたっては、まずはいくつか条件を考えました。大体は以下の通りです。

  • 3人掛けで180~200センチ程度
  • カウチソファーにはしないが、オットマンを購入
  • 座面が分割されていなくて一枚であること(横になること想定)
  • 張り込みではなくカバーリングで洗濯可能(したがって基本ファブリック)
  • ハイバックではなく、できればロータイプに近いもの
  • ルンバが下を通ること
  • ある程度の耐久性があること

などです。最初いいなぁと思ったのは、NoyesのDecibel C4というソファー。これは典型的なロータイプのソファーで座面も背面も低く、部屋が広く見えそうです。脚の長さを変えることで(10センチか13センチ)少し座面は高くなりますが(それでも標準よりはだいぶ低い)ルンバも十分通ることができます。

 

NoyesのHPより Decibel C4 3人掛けワイド両肘

なかなか低くてかっこいいですね。ニトリなどのソファーよりは高いですが、お値段的にも十分予算内で、オットマンなどもあわせて購入できます。構造躯体は合板で、座面と背面はウレタンですので、すこし座り心地は硬い感じがしますが、この手のソファーは座るというよりは斜めにくつろぐという感じなので、多少硬くても悪くはありません。カバーリングも取り外し洗濯できますし、7年の保証もついているので耐久性もそれなりにありそうです。銀座と青山のショールームにも数度お邪魔し、ファブリックなどもほぼ決めてこれにしようかなとも思っていました。

ただ、家全体が無垢や自然素材を使っているのに、合板の構造躯体だったり、ソファーがやや現代的なテイストなのが気になり始めてしまいました。そこで、少し木工というかもう少し自然な感じのソファーも一応探してみることに。

最初に見たのは、皆さまご存じカリモク

カリモクHPより WG30

構造部分は無垢材でできていて、座面と背面のクッションは置いてあるだけなので、カバーを洗濯できるのみならず、クッションの交換も容易です。両側に肘がないのも、使いやすそう。デザイン的には結構ある感じですね。ただ、実際に座ってみると、座面の高さが標準的であるにもかかわらず、クッションが硬く(こうした木工系フレームではそのバランスが非常に難しいそうです)、またサイズ、特に奥行があまりないため、硬い座面にきっちり座るという形になってしまい、あまり快適感を感じられず。とりあえず保留。

次に見てみたのは、フランネルソファーのStrandというシリーズ。こんな形をしていて、特に後ろ側から見た格子状の細いフレームは他にはあまりなく素敵です。

フランネルソファーHPより Strand(ウォルナット)

木材もオークとウォルナットから選択でき、座面も背面も完全にとることもできます。背面のクッションは羽毛入りも選択可で、大きさも少し高い背面のものも選べます。なかなか姿も美しく、お値段的にもNoyesやカリモクと同程度。ただ、製造はベトナムで行っていて、塗装もウレタン塗装のみの選択。このあたりは少し減点ですね。座面もウレタンですので、木のフレームとあいまって座り心地は硬めです。肘があるのも検討の余地あり。ということでこれも候補にはなるものの保留。

次に見てみたのはマスターウォールのデニッシュソファー。これは少し現代的なのですが、無垢のフレームを下部に使っており、シンプルで美しい。ただし、背面部の構造は合板です。

 

マスターウォールHPより デニッシュソファー

何だか素敵じゃないですか。少し控えめだけどしっかり主張している無垢材。低いフォルム。シンプルなデザイン。素敵です。座り心地も他のソファーよりは少し柔らかく感じます。というのは、座面の下が単なる木の構造体ではなく、ゴムを使ったクッションを底面に使っているため。

ただ、座面が2つに分割されてしまうのが残念!これで一枚の座面ならなお良いのに。。。あと背面クッションを支える構造の部分の布地は張り込みなので背面クッション自体の洗濯交換はできるけど、構造部分の布地の洗濯はできないと。耐久性は十分にあるとは思うけど、案外背面って汚れるのでこれもマイナス。あとは価格ですね。他のソファーに比べると1.5倍くらいします。うーん。

というわけで、他も見てみようということで見に行ったのがSolidというブランド。これは、ナガノインテリアのブランドの一つで、基本的なデザインはナガノインテリアと共通なのですが、ディテールの部分がことなっており、個々の木材のフレームを見るとよりソリッドな尖ったデザインであることが特徴です。気に入ったのは、このSolid SLC02。

 

SolidのHPより SLC02

何だかデザインがすこしシャープで、陰影もはっきり出ていて素敵です。座面も一枚。木材も好きなブラックチェリーが選べます。ウォルナットは少し暗すぎるし、オークは明るすぎる上に黄色く変色するので、ブラックチェリーのように中間的な色でしかも経年変化で赤味がかっていくのは、無垢の床材(あづみの松)にも合うのではないかと。塗装も基本オイル塗装です。

しかも、座面にこの薄さなのにコイルが入っていて、他の木工系ソファーに比べると明らかに座り心地がいい!座面も背面はクッションももちろんカバーも全部交換可能です。フレームが無垢で耐久性があるので、たとえクッションがへたっても、将来交換できて長年使用できるのは大きな利点です。

座面の高さも1センチ単位で調整できて、座面高39センチ(標準)ならルンバも下を通れます。本当はもう少し低くてもいいのですが、ここはルンバを優先。また、ファブリックも、他のソファーメーカーではアクリル系のものしか選べませんが、Solidでは、帆布を選ぶことができます。帆布は少しゴワゴワしているので、人により好き嫌いがあると思いますが、自然な感じで私たちはお気に入り。全体的に自然の素材、本物の素材をできるだけ使用するというポリシーが感じられます。生産も国内で行っています。お値段的にもカリモクやNoyesと同程度かわずかに高い程度。特に悪い点もみつからない。うーん、もうこれで決まりのような。

念のため、翌日に同じデザインのナガノインテリア(本体)のソファーも見に行ってみました。

ナガノインテリア The Factory HPより

基本的にまったく同じデザインなのですが、ここのフレームに全体的に丸みがあります。ずいぶんと優しく、かわいらしい感じです。お子様が小さい家庭などではこちらの方がいいかもしれません。が、我々の選択はSolidで一致。

というわけで、Solidを購入することにしました。受注生産なので、2か月程度は納入までにかかるとのこと。家が4月引き渡しであればちょうどいいタイミングだったのかもしれません。ついでにサイドテーブルも購入してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉求めて鹿児島へ(2)

霧島から指宿に行く途中に桜島に寄ってみました。あいにくの雨であまりきれいな写真もありませんが、一部ご紹介。桜島からはフェリーで鹿児島市側へ。

でも途中できれいな虹が見えました。いいことあるかな?

指宿温泉では吟松さんに宿泊。砂蒸し温泉会館もすぐ隣でもちろんばっちり体験。思ったよりずっと熱くて、かつ、砂の重みも感じるお風呂でした。食事は温泉の流れる個室で。温泉卵をその場で作ったり、竹酒を熱燗にしたり、さつまあげもその場で揚げてくれました。お刺身も美味しかった。

朝ご飯も盛り沢山です。

 

鹿児島空港に戻る途中で開門岳や知覧の武家屋敷、特攻会館などに寄って東京へ。飛行機に乗る前には鹿児島空港は雪でした。

雪を被った開門岳

知覧の武家屋敷の庭園



 

温泉求めて鹿児島へ

温泉と暖かい気候を求めて鹿児島の霧島、指宿へ2泊3日の旅行に行ってきました。ところが、寒波到来で、暖かいどころか東京より寒く、冷たい雨も降りおまけに雪まで!!完全に想定外(笑)。

それでも鉄道ファンとしては外せない、鹿児島空港近くの嘉例川駅へ。これはNゲージのモデル駅に採用予定。写真をバシバシ撮って大満足。

霧島といえば、やはり霧島神宮。平日だったためか閑散としていましたが、初詣の準備が進んでいました。家の無事完成もお祈りしておきました。

霧島のもう一つの名物といえば黒酢霧島市福山町にはいくつか伝統的な壺を使った醸造所があります。そのうちの一つの坂元醸造所にお邪魔しました。まさに壺畑。もちろん黒酢も直接販売しています。三年ものの黒酢をお買い上げ。黒酢を製造する過程や歴史などを学べるコーナーもあります。

圧巻です。本当なら遠くに桜島も見えるようですが、天気が悪くて残念。坂元では黒酢の作り方などの展示やビデオもあり、なかなか面白いです。もちろん、お土産も買えます。三年ものの黒酢をお買い上げ。黒酢を使った昼食もとれます。

夜は霧島温泉のラビスタ霧島ヒルズという南欧風ホテルに宿泊。全室露天風呂付で、貸切風呂も予約なしで空いていれば入れます。素敵なホテルでサービスもよかったです。

 

工事のお手伝い?

内装打ち合わせの後に、棟梁に手伝ってみないかと誘われて断熱材の充填をお手伝い(邪魔?)してみることに。間柱の間隔に応じて390ミリのものと435ミリのものがあります。それぞれの場所にグラスウールの断熱材を下から押し入れて上に引き上げていき、断熱材にミミがついているので、それをホチキスで間柱に留めていきます。

これで本当に断熱できているのだろうか?ちょっと心配です。でも後で棟梁がチェックしてくれると言っていました。もし二度手間になっていたらごめんなさい。でもいい経験でした。ありがとうございました。

 

内装打ち合わせ

今日は現地で内装の打ち合わせです。2〜3日前に降った雪が残っていて気温も氷点下です。寒い中屋根工事の真っ最中でした。寒いのにありがたいことです。

ガルバリウムの屋根を葺いた後にOMソーラーの集熱板を取り付けるとのことでした。ガルバリウムの色は黒です。集熱には一番効率がいい色ですね。

軒天の板張りも終えていました。塗装はこれからになります。建物北側の雪は溶けずに残っています。

玄関もYKKのD50の断熱ドアが入っています。樹脂枠なので周囲が黒色になっていますね。

中に入ると、まず打ち合わせ前に社長から現在の作業状況について説明を受けました。天井は、ほぼ杉板が貼り終えており、緑の小さなピンで仮止めしてありました。

内装の打ち合わせとしては、まずは床材のあづみの松、コルクタイル(サンゲツ)、そして玄関及び勝手口土間部分のタイル(サンワカンパニー リバーサイドタバコ)の確認です。次に珪藻土の色味です。社長からは、白に近いものと、それにクリームやベージュの色味が混ざったものを提案されましたが、妻が白がいいということなので、即決で白に決定。少し悩んだのは、ピアノ部屋兼図書室にあるOMソーラーのダクトの色です。Y工務店では、ダクトには和紙を巻くということで膨大な種類の和紙から色を選ぶことに。目立たないような白っぽい色にするか、アクセントとして目立つ色にするか、悩みました。部屋に黒いピアノが置かれるので、あまり暗い色は対象外。結局、妻の好きな色で少し落ち着いた感じのオレンジ色にすることにしました。さぁどんな感じになるかな。

あとは、造作の収納や洗面台、キッチンのカウンターなどの位置、材質や開け方などを確認。引き出しの深さは念の為、家に戻って確認の後でお伝えすることにしました。

今回は梯子で二階にも上がらせてもらいました。二階はロフト的な雰囲気で天井も低めなのですが、それがなかな良い雰囲気です。窓が低めに切ってあるので、和室に座って外を眺めるとちょうどいい感じ。

二階から階下を眺めるこんな感じです。

今のところ引き渡しは予定通り4月上旬予定。ただ、今年は寒いとのことで、外壁のモルタル部分の作業に影響が出る可能性があるようです。予定通り作業が進むといいのですが、こればかりはお天気次第。初詣で神様にもお願いしておきます。

 

下諏訪温泉

クリスマス休暇で2ヶ月ぶりに一時帰国。直前までインドに出張していたのでヘロヘロになりながら成田到着。

帰国直後にY工務店さんと現地で打ち合わせがあったので、その機会に合わせて下諏訪温泉に一泊することに。今回は梅月旅館にお世話になりました。直前に雪が降ってどうなることかと思いましたが、何とか到着。

早速温泉へ。熱めの源泉掛け流しの温泉が気持ちがいいです。外は軽く氷点下。露天風呂に入るとお湯の熱さと外気の冷たさが中和されていつまでも入っていられます!

夕ご飯は馬刺し2種類に地元の野菜を使ったお料理など。

f:id:hippo-hippo:20221225050645j:image

馬刺しが肉厚で今まで食べた馬刺しの中でも一番美味しかったな。大満足。地酒三種飲み比べなんかも試してみてすっかりほろ酔い気分。

f:id:hippo-hippo:20221225050919j:image

食後はまた温泉に入ってその後は爆睡。早くも年末モード全開です。

あんなに夕食食べたのに朝ごはんもまたぺろり。

f:id:hippo-hippo:20221225051140j:image

梅月さんお世話になりました。チェックアウト後に近くの諏訪大社にお参りしてから打ち合わせのため現地に向かいました。