八ヶ岳西麓 二拠点生活

海外居住中にもかかわらず、八ヶ岳西麓での二拠点居住を目指している50代夫婦の土地探し、家づくり、二拠点居住準備を中心としたブログです。将来的には移住を予定しています。

後悔というほどではないけれど

家が完成してから1年余り経ちましたが、それほど大きな後悔はありません。それでもこうしておけば良かったかなという細かい点を少し。

(1)浴室のアクセントパネル

TOTOにしてもLIXILにしても浴室のカタログを見ていると当然のようにアクセントパネルが四面のうち一面に使われています。ショールームに行って見積もりをしてもらうときも然り。でもどうしてアクセントパネルなのでしょう?我が家もあまり何も考えずにブラウン系の木目調のアクセントパネルを入れました。

f:id:hippo-hippo:20240607222650j:image

まぁ別に悪くはないです。ただ木目調は所詮木目調。本物ではありません。正直いえば、わざわざ追加料金を出してまでアクセントパネルなど入れずとも四面同じの白っぽいパネルでも十分だったかな。家の他の内装ではアクセントクロスやエコカラットなど一切考慮せず、シンプルを貫いたのにどうして浴室だけアクセントパネル。。。。うーむ、今となっては謎です。

(2)コンセント

コンセントは家づくりで後悔の上位にくる項目ですが、我が家の場合には、コンセントが足りないという後悔ではありません。無意識につけてしまったコンセントの話です。それは廊下にあるコンセントとテレビ台の横に見えるコンセント。これまで一度も使ったことはありません。おそらくですが、このコンセントは掃除機用を想定して設置されたものと思います。しかしながら、我が家の掃除機は、ルンバとコードレス掃除機。廊下やテレビ台横のコンセントは不要です。今やただの壁にノイズを残す存在でしかありません。もう少し詰めて考えればよかった。あとテレビ台横のコンセントは、つけるのであればテレビ台の裏に見えないようにつけてもらえばよかったな。

ちなみに、ルンバ用やコードレス掃除機用のコンセントは、洗面台の下や収納の中に設置してもらったので不便はありませんが、玄関収納にもう一箇所(現在は一箇所のみ)コンセントつけてもらえば便利だったかもしれないなと思います。

(3)ピアノの部屋のブラケット照明

妻から大変評判の悪いピアノの部屋のブラケット照明。確かに試験的に最初点灯した以外一度も点灯したことがありません。妻曰く、せっかく大きな壁があるのにノイズでしかないと。

f:id:hippo-hippo:20240607225007j:image

あってもそんなに悪くないと思うのですが、このブラケット照明は、この部屋が暗いからと私が強く主張してつけたにもかかわらず、実際にはほとんど使っていないという意味で不要だったとも言え、不要なら綺麗に壁を残しておくべきだったので、いまや私にできることは家の中でこの照明の話題を出さないことくらいしかありません。